医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛の副作用としては、炎症による肌の赤みや毛膿炎(ニキビ)、火傷などが考えられます。クリニックや美容皮膚科で受けられる医療レーザー脱毛は、黒色のメラニン色素に反応する医療レーザーを皮膚に照射し、毛根に熱を与える仕組みです。毛根の周囲には毛を作り出す組織があり、毛根から伝わった熱で組織を破壊します。このように熱を利用した脱毛方法なので、一時的に皮膚や毛穴に熱が伝わり、炎症などの副作用が起こる可能性があります。あくまで皮膚表面のみに作用するレーザーなので、身体の他の部位に副作用が生じることはありません。施術後にレーザーを照射した部位を冷やしたり、あらかじめ保湿ケアを行って肌の調子を整えておくと、トラブルを避けることができます。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

“医療レーザー脱毛は、数回施術を行うことでムダ毛を効率よく永久脱毛することが出来る人気の脱毛法ですが、ありがちなトラブルがあります。
日その一つに打ち漏れが挙げられますが、小さいヘッドを使って照射するため漏れた部分は脱毛されなくなります。
その場合の対策としては再照射してもらえる保証付きのクリニックで受けることです。
又、火傷するケースがありますが、これはテスト照射で出力を調整することで防げます、
副作用については薬を処方してもらうことができますし、アフターケアで冷やしてもらうことでトラブルは少なくなっているといえます。”

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

永久脱毛医療レーザー脱毛を行う時には様々な情報を得てから行う場合が多くみられますが、口コミだけでなく、医師に聞くことも大切です。とくにワキ汗が増えるなどの情報も見られますが、実際には勘違いであり、ワキガとなることも考えにくいです。むしろ根元から抜くので、予防にもなるほどです。副作用で汗が増えること自体なく、汗が流れやすくなることから起こる勘違いです。脱毛をした後は、汗が気になるかもしれないのでしっかり拭くように心がけるといいです。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

“医療レーザー脱毛後にはふさわしいアフターケアが欠かせません。この点で失敗してしまうと、副作用のような症状が現れかねないからです。
では、医療レーザー脱毛の施術後に行なっておきたいアフターケアにはどんなものがあるのでしょうか。ぜひとも注意しておきたい一つの点は、医療レーザー脱毛の施術を受けた当日は患部をなるべく冷やすようにするということです。
また、脱毛後はお風呂やサウナなどの利用を避けることが必要です。さらに、脱毛後は日焼けをしないよう、外出の際には日焼け止め対策をしっかり行なうようにしましょう。このように正しいアフターケアを心がけるなら、副作用のような症状が出ない安全な脱毛ができることでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です